経済・政治・国際

2012年11月10日 (土)

何故、今なのか?

与謝野氏、自民復党へ

 自民党は2010年に除名処分にした与謝野馨元財務相(無所属)を復党させる方針を固めた。同党関係者が10日、明らかにした。

 与謝野氏は今期限りで政界を引退する意向だが、自身の地盤である衆院東京1区から次期衆院選に出馬予定の自民党候補を支援したいとして、復党を求めていた。既に自民党東京都連は同氏の復党を了承しており、同党は近く党紀委員会を開いて、正式決定する。

 与謝野氏は10年4月、たちあがれ日本の結党に参画し、自民党を除名された。

http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_545682

 今日は、この記事を基にして考えてみようかと思います。色々な批判が有るとは私も思いますし何故、今この時期なのだ?という疑問も有ります。そこで、当時の私のブログを無料公開しようかと思いました。

保守と呼ばれた男・裏切り者と呼ばれた男

 それぞれに考えていただければと思います。政治的には今の時期の復党は自民党的にもタイミング的には決して良いとは思えません。黙って復党よりも幾らかマシな程度だろうとも思います。

 今の自民党の最大の課題は選挙に勝つ事です。その為には非情にならざるを得ない時期も有ります。飛ばし記事の可能性も有りますが、自民党的には説明を出来るようにしておいて貰いたいと思います。

--------------------追記---------------------

2012y11m11d_033831156

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&as_q=&as_epq=%E5%B9%B3%E6%B2%BC%E6%B0%8F%E3%81%AF+%E8%A1%86%E9%99%A2%E3%81%A7%E3%82%82%E4%BC%9A%E6%B4%BE%E3%82%92%E7%B5%84%E3%82%81%E3%81%B0%E3%81%84%E3%81%84+%E3%81%A8%E3%82%82%E8%AA%9E%E3%81%A3%E3%81%9F&as_oq=&as_eq=&as_nlo=&as_nhi=&lr=&cr=&as_qdr=all&as_sitesearch=&as_occt=any&safe=off&as_filetype=&as_rights=#q=%22%E5%B9%B3%E6%B2%BC%E6%B0%8F%E3%81%AF+%E8%A1%86%E9%99%A2%E3%81%A7%E3%82%82%E4%BC%9A%E6%B4%BE%E3%82%92%E7%B5%84%E3%82%81%E3%81%B0%E3%81%84%E3%81%84+%E3%81%A8%E3%82%82%E8%AA%9E%E3%81%A3%E3%81%9F%22&hl=ja&lr=&safe=off&as_qdr=all&prmd=imvnso&ei=q56eUIuTKvCXiAf4igE&start=0&sa=N&filter=0&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.&fp=c8d9dc897f6dfcfb&bpcl=38093640&biw=1680&bih=829

 ブログを読んで下さる方は、どう思われますか?

 新聞記事ではトップページ、該当記事、アーカイブ等で分かれて何種類も表示されていますか?他のブログでは私のブログと同じように分かれて何件も表示されていますか?

 私のブログやレポート販売ページのアクセス数は本当に真実の数字を表示していると考えられますか?

 何故、これ程までに執拗に私のブログやレポート販売ページ等に対して不正アクセス操作をしているのだと思いますか?

 恐らくは、ブログを読んで下さっている方にも真実が分かっているのだろうと思います。私達の本当の敵は誰なのかも…。

--------------------追追記--------------------

 何だか…何処かの会社は私のブログをチェックされているのでしょうか?検索結果が、とんでもない事になっていますよね。これでは、検索の意味が無くなってしまいそうです。

 その内、苦情が多く出て元に戻すとは思いますが…。不正な事をしようとすれば、必ず別の場所に歪みが生じてきますその歪みを隠そうとすれば、更に大きな歪みが起きますよね。最後には企業としての信用まで失う事になりそうですが、大丈夫でしょうか?他人事ながら少し心配になってきました。

 大きな会社になれば、多くのヒトが働いています。誰か個人の思惑で株主や働いている全ての人々の職場や生活を壊すようなマネをして、本当に大丈夫でしょうか?失った信用を取り戻すのは簡単では有りませんよ。

2012年3月 9日 (金)

ようやく…

 まだまだ慣れていない事が多くて戸惑っています。ブログの文字の大きさ一つでさえも…。どうやら、文字サイズの呼び方はフォントサイズのように数字で表されていない限りは主観的な物のようですね。

 

 

 何とかダウンロード販売のページも作成が出来ました。以前に書いたように一部100円です。趣味の世界として過去のブログを纏めた物も500円で置いています。お間違いの無いようにお願いします。

 

 

 使用しているのはデジマーケットさんです。以下にアドレスを載せておきます。

デジマーケット  http://www.digimarket.jp/

 此処を選んだ理由は単純で100円からの販売が可能だったからです。他にも何万と登録しているという会社も有りましたが、最低価格が200円だったので見送りました。 「ダウンロード販売」と検索して頂ければ出てくると思います。

追記:デジマーケットさんはウィンドウズでのダウンロード回数が少なく危険だと警告が出て来るのでD-MARKETさんでも同じモノを置いておきました。

------------宣伝------------

 今回のレポートで書いたのは”ロシアの選挙から分かること”という視点です。世界は繋がっているという事からロシアの動きが世界の動きを決めるという意味ですよね。勿論ですが、日本の動きも連動しています。

------------宣伝-------------

 さて、折角ブログを読んで下さる方に何かをお渡ししようと考えて選んだのが次の記事です。この記事から何が分かるのでしょう?

岡田氏、消費増税で町村氏に協力要請 他の自民党幹部にも接触か

 

 岡田克也副総理が自民党最大派閥の町村派を率いる町村信孝元官房長官と2日に会談し、消費税増税を柱とした社会保障と税の一体改革に対する政府の考え方を説明、関連法案成立に向けて協力を要請していたことが3日、分かった。

  岡田氏は2日午前、議員会館の町村氏の事務所を訪ね、関連法案への協力を要請した。これに対し町村氏は「一体改革に値しない。自民党内の見方は厳しい」と指摘。その上で「マニフェスト(政権公約)を出し直して国民の信を問うことが先だ。その上でなら、協力することもある」と衆院の早期解散・総選挙を求める自民党の立場を強調したという。 

 町村氏はこの後、党本部で谷垣禎一総裁と会い、岡田氏との会談内容を報告した。岡田氏は町村氏以外にも税調メンバーら自民党幹部や派閥領袖にも接触し、増税関連法案への協力を求めているとみられる。

  2月25日に野田佳彦首相と谷垣氏が極秘に会談した際も、「話し合い解散」を視野に入れた関連法案成立への協力について協議したとみられ、今後政府と自民党との接触が拡大する可能性もある。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120303/stt12030311560005-n1.htm

 この記事に依れば「町村氏はこの後、党本部で谷垣禎一総裁と会い、岡田氏との会談内容を報告」と書かれています。つまり、情報を自民党全体で共有している事を意味しています。

 これは、”自民党が結束している”という事を表していますよね。自分勝手に他党の人間と会談をして情報を独り占めするならマスコミ出演や選挙演説の時に有利になると思われますが、政党としての統一見解を出せない欠陥が出てしまいます。

 民主党議員が大臣クラスであっても好き勝手な事を述べて情報が錯綜している事と対照的ですよね。本来は政党の存在意義とは情報を共有し共通の目的を達成する事ですからね。最近では特に顕著なのが”小沢氏と民主党執行部との対立”ですね。

自民探る「話し合い解散」 増税賛成し小沢氏排除迫る

 自民党の谷垣禎一総裁が「話し合い解散」を模索し始めた。野田佳彦首相との極秘会談に加え、党首脳も頻繁に接触。消費増税法案の成立に協力する代わりに衆院解散の確約を得るためだが、首相の出方は読み切れない。失敗すれば「谷垣降ろし」になりかねない

 話し合い解散に向けて極秘会談のお膳立てをしたのは、自民党の大島理森副総裁と藤村修官房長官だった。

 「野田総理は通常国会冒頭で解散するしかない」。関係者によると、大島氏は昨年末、藤村氏と直接会い、こう提案した。消費増税に反対する小沢一郎元代表の圧力で、首相が早晩行き詰まると想定。裁判で身動きがとれない小沢氏に余裕を持たせず、早期解散に持ち込む思惑があった。

http://www.asahi.com/politics/update/0306/TKY201203050756.html

 このように記事が出ていました。マスコミは相変わらずで、「失敗すれば「谷垣降ろし」になりかねない」と監督のネガティブキャンペーンを忘れずに行っていますが、注目すべきは「党首脳も頻繁に接触」の部分だろうと私は考えます。

 ここから何が考えられますか?自民党が解散総選挙を目指している事は誰にでも分かりますが、その自民党と”頻繁に接触”する民主党は何を考えていると思われますか?

 どう考えても民主党としても野田内閣が”早晩行き詰まると想定”していると考えられますよね。予算は衆議院を通って参議院に送られました。つまり、参議院の予算委員会で予算関連法案が通らない事や民主党の閣僚によるスキャンダルが暴かれる事によって国会の審議が進まない事が考えられますよね。

 国会審議が進まないのはマスコミを使って「自民党が審議拒否をしている」とでも流せば事足りますが、スキャンダルが暴かれてしまえば次の選挙で相当に不利な戦いを強いられますよね。

 もし仮にブログを読んで下さっている方が民主党のベテラン議員であると仮定したなら、任期満了まで粘りますか?それとも早期の解散を考えますか?

 悩みますよね。

衆院解散に備え組織強化/民主県連大会

 民主党県連は4日、2012年度の定期大会を佐賀市内で開いた。消費税増税など「社会保障と税の一体改革」を打ち出した野田政権を取り巻く環境が厳しさを増すなか、衆議院の解散・総選挙や来夏の参院選に向け、組織強化を図ることなどを確認した。
 大会の冒頭、県連代表の原口一博・元総務相が「私たちがやらなくて誰がやるのか、と言いたい。民主党は足の引っ張り合いをしている時ではない」と、結束を求めた。副代表の大串博志内閣府政務官も「衆参議員の任期満了まで1年半を切った。常在戦場だ」と呼びかけた。
 この日は「衆議院解散・総選挙がいつ実施されてもおかしくない政治情勢を共有し、原口、大串両衆議院議員の必勝を期す」とする大会アピールを採択。

 また、樽床氏は「解散を考えるのではなく、来夏までに日本政治をいかに軌道に乗せるかに全力を尽くすのが我々の仕事」と述べ、早期の衆院解散・総選挙には否定的な考えを示した

http://mytown.asahi.com/saga/news.php?k_id=42000001203040002

 こういった記事も出てきています。誰でも自分自身の選挙の事を考え始める情勢ですよね。但し、民主党に逆転の芽が有るとは思えないのも事実です。そうなると、自民党に対するネガティブキャンペーンを加速して世論を何とか反自民に持って行く事、そして”看板の付け替え”を考えますよね。

 看板とは言うまでもなく政党名です。昔の社会党から民主党に代わったように次に考えているのが維新でしょう。そう言えば”外国人献金を認めた前原氏”も橋下氏(維新)と会っていますよね。

前原氏、堺屋氏と会談 大阪都実現前向き

 民主党の前原誠司政調会長は7日、橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」のブレーン、堺屋太一元経済企画庁長官と国会内で会談し、橋下氏の掲げる「大阪都」構想実現に向けた協力に前向きな姿勢を示した。

 堺屋氏は大阪維新の会による事実上の次期衆院選挙公約「維新八策」を説明。参院廃止など憲法改正を伴う政策について「誤解されているが、思想的なものだ。実現を早急に目指しているわけではない」と理解を求めた。

 民主党は、地方自治体側の提案で自治制度を変更できるようにする法案を今国会に議員立法で提出する方針。(共同)

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20120307-913949.html

 小沢派が維新と組むのか、それとも反小沢派が維新と組むのかはまだ分かりませんが、政治家としての実績が何も無い橋下氏を看板にしようとする民主党に勝機が有るとは思えません。

2012年3月 5日 (月)

知らなかった事、知らなければならない事

 色々と私には信じられない事が起きています。FC2ブログのアクセス解析画面を見ると、同一IPアドレスの方が秒単位で何十回もアクセスして下さっていると出ています。確かに同一人物(パソコン)の方が幾つかのページを読むという事は考えられますが、秒単位で何十回もというのは、私には信じられないのです。(しかもアクセスカウンターが作動している形跡が見あたらない)

 私は、以前のブログに関して不正なアクセス操作を疑ったのでブログを移りました。それでも続いているなら、民事でも戦えるようにと有料でダウンロード販売をしようと決めました。金銭が絡んでいるなら手出しもしないだろうと考えたからです。

 色々とネット上で調べた結果、自分で設定できる最低金額が100円だという事でしたので、私も最低金額に設定しようと思います。手数料等は、どうなっているのかは調べてみなければなりませんね。

 仮に、私のブログを経由して不正なアクセスにより損害を被ったなら今回から容赦なく訴訟を行う予定です。ただ、折角ブログをお読み下さっている方々に迷惑が掛からないように自分に出来る事をしなければなりません。そこで、順次データの移管をします。

 お陰で、新しいブログを書いている時間的余裕が無くなっていますよね。元々は商売が目的ではなかったので、それは良いのですが…毎日のようには書けないというのは変わりません。より一層、書くのが遅くなりそうですが…。なるべく週に1件以上は書きたいと思っています。理想は週に2~3件といったところでしょうか…。

 さて、折角のお越しに何もお渡しできないというのも心苦しいですから今回も何か話題を選んでみようかと思います。今回選んだのは次の記事です。

リコール:大都市の署名数を緩和 今国会に法案提出

 政府は、地方議会や首長の解散・解職請求(リコール)に必要な署名数について、有権者80万人超の部分を6分の1以上から8分の1以上に緩和する地方自治法改正案をまとめた。「大都市でのリコールが困難」との批判を受けたもので、9日にも閣議決定し、今国会に提出する。

 現在の必要署名数は、有権者40万人以下の自治体で3分の1▽40万人超の自治体は、「40万人の3分の1」と、「40万人を超える人数の6分の1」との合計。改正案は、有権者80万人を超える人数について、8分の1に引き下げる。

 総務省は当初、有権者16万人までは3分の1▽16万人超から40万人までは6分の1▽40万人超は10分の1--とする改正案を検討していた。

 しかし、全国知事会など地方6団体が「リコール乱発で、行政が不安定になる」と反発したこともあり、緩和幅を圧縮した。

 改正案が成立、施行されれば、大阪市の必要署名数は約42万人から約36万人に減る。橋下徹市長は、大阪府と市を一体化する「大阪都構想」など主要政策について市議会の協力を得られない場合、リコールを検討する方針。今回の緩和が、市長と市議会の関係に影響を及ぼす可能性もある。【大場伸也】

毎日新聞 2012年3月4日 10時45分

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120304k0000e040117000c.html

 これは、大きな出来事ですよね。以前に私は聖者の行進というエントリーを書いた時に述べましたよね。「どのような物事にもタイミングが有ります」と。今回の決定は橋下氏に対しての切り札が使い易くなる事をも意味していますよね。

 恐らくは橋下氏や彼を応援している勢力にとっては「リコールは相手に使う物」だと考えているのでしょうが、「大阪市の必要署名数は約42万人から約36万人に減る」と記事にありますが、今後の世論次第では橋下氏のリコールも近いのかも知れませんね。

 確かに記事にも「リコール乱発で、行政が不安定になる」と書かれていますが、今の大阪市には住民基本条例が無いので外国人に投票資格は有りません。つまり、橋下氏を応援している外国勢力に投票権を行使する事は出来ないのです。これは大きいですよね。しかし、焦って直ぐにというのは私は賛成しません。何度も言いますが、物事にはタイミングが有るのです。

 じっくりと隠されている情報を暴き、世論を味方に付けなければなりません。特に私達の生活に密着している物事に関しての情報を広く知って貰う事が重要ですよね。

1.税金の使い方

2.外国人参政権

3.電気などのインフラ

 色々と知っておかなければならない情報が有りますよね。特に私が心配しているのは未だに橋下氏の事を信じているお目出度い方です。「橋下氏は大阪府を黒字にした」と信じて疑いませんからね。

 しかし、実態は以前にも書いたように財政赤字を膨らませ財政を悪化させただけです。この橋下氏の手法は夕張市が破綻した状況と全く同じです。表面上は黒字転換していた夕張市はどうなりましたか?自分自身で調べなければなりません。マスコミや声の大きな方の主張だけを鵜呑みにしてはならないのです。

 外国人参政権に関しては私達には嬉しい記事が出ていましたよね。

外国人投票 見送り

◆総務委、陳情不採択

 

 鳥取市庁舎の移転新築をめぐる住民投票に対し、市議会の総務企画委員会(高見則夫委員長、9人)は29日、継続審査中だった在日外国人への投票権付与を求める陳情を、賛成3人の少数で不採択にした市庁舎のあり方について在日外国人が投票で意思を示す機会は見送られた。

 

 陳情は昨年12月議会に提出され、継続審査となっていた。この日の委員会では、「外国人の市民としての思いは賛同できる。(住民投票条例案を協議している)検討会も、やろうと思えばできる時間がある」と賛成する意見が出た。さらに、「検討会では外国人の議論が不十分だった」と苦言を呈する委員もいた。

 

 一方で、反対する委員らは「議論を始めると外国人だけの話では収まらない」「時間的制約の中で、庁舎整備が遅れてはいけない」などと述べ、市自治基本条例を見直す中で議論するよう求めた。

 陳情を提出した在日本大韓民国民団県地方本部の薛幸夫(ソル・ヘン・ブ)団長は「住民とは誰のことか、を問いかける動きに答えなかった市議会には遺憾の念を禁じ得ない。時間的な理由も、5月の投票実施なら集中審議すれば不可能ではない」と批判した。(中田和宏)

http://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000001203010001

 こういった記事も出ています。少しずつですが、風向きが変わって来ていますよね。諦めてしまえば、そこでお仕舞いです。諦めの悪さに関しては特定の半島勢力の方を見習うべきなのかも知れませんね。

 彼ら特定勢力は本国の政治状況も変わり、世界情勢も変わりつつある今の状況から何とか生き残りを掛けて日本に寄生する道を探っているのでしょう。しかし、時間的には、もうアウトです。心配なのは何と言ってもヤケクソのテロや犯罪行為ですよね。私達は気をつけなければならないのです。

 そして、電気代に関しても色々と情報が入っていますよね。

ガソリン店頭価格、5ヶ月ぶり高値 イラン情勢影響

 ガソリンの店頭価格が上昇している。石油情報センターが29日に発表した全国平均は1リットル145.5円と5ヶ月ぶりの高値になった。東京都心には150円台で販売する店も出ている。イラン情勢の緊迫で原油価格が高騰。JX日鉱日石エネルギーなど石油元売りが相次いで卸価格を引き上げているためだ。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E0EBE29E888DE0EBE2E0E0E2E3E08698E2E2E2E2;at=DGXZZO0195576008122009000000

 情報は自分自身で探さなければならないのです。本当に原発を止めて私達の生活が成り立ちますか?企業が生産を増やせないという事は雇用がどうなるかも考えなければなりませんよね。また、病院や福祉施設で停電が有れば何が起きたのかも忘れてはなりませんよね。

 声の大きな方、パフォーマンスの上手な方に私達は目を奪われがちですが、本当に大切な仕事をされているのは地味で目立たない方です。それは私達が日々の生活で一番知っている事なのです。

2012年3月 3日 (土)

普通が一番

 長らくお待たせして、申し訳有りませんでした。知識ゼロからホームページやらPDFやらと、この数日で詰め込み何とか自分なりに仕上げてみました。ただ、本当にお金を頂いても良いのかと今でも葛藤しています。

 そこで、先ずはサンプルとしてブログをお読み下さる方に見て頂こうと思いました。

 毎日新聞をウォッチしよう(リンクになっています)

 内容としてはギリシャ関連に関して、日本国内では橋下氏の維新関連を書いています。そして、個別の事案として取り上げたのがエルピーダの破綻です。それぞれに何が考えられるのかを自分なりに一般常識を基にして考えてみました。

 スタイルとしては今後も同じようになると思います。ただ折角、ブログをお読み下さる方が居られるのですから、ご購入頂けない方にも”何か”をお渡しできればと考えています。そこで、今回は次の記事を選んでみました。

極秘会談、批判浴びる谷垣氏=総裁選前倒し論も-自民

 自民党の谷垣禎一総裁が野田佳彦首相との極秘会談に臨んだ背景には、消費税率引き上げに対する首相の決意を見極めるとともに、早期の衆院解散・総選挙の可能性を探る狙いがあったとみられる。しかし、消費増税関連法案の提出前の与野党協議を「密室談合」と批判してきただけに、党内では谷垣氏への反発が出ており、求心力が一段と弱まりかねない情勢だ。
 「会っていない」。谷垣氏は1日の記者会見で重ねて極秘会談を否定。記者が食い下がると「私にもプライバシーがある。全部しゃべるつもりは毛頭ない」と声を荒らげた。
 
首相と谷垣氏は、消費増税推進という点では一致。このため、谷垣氏は衆院解散・総選挙後であれば増税に協力する姿勢を示してきた。しかし、早期の解散に追い込む見通しは立たず、谷垣氏には手詰まり感もあったようだ。
 極秘会談で谷垣氏は、増税法案に野党が協力するのと引き換えの「話し合い解散」に対する首相の思いや、消費増税反対を明言する
小沢一郎元代表を排除してでも増税を進める決意が首相にあるのかなどを探ったとみられる。
 早期解散となれば、国政進出を目指す「大阪維新の会」や、石原慎太郎東京都知事を党首とする新党構想の機先を制する形にもなり得る。話し合い解散については、
森喜朗元首相らがかねて主張。党内には支持が広がり始めており、谷垣氏も否定はしていなかった。
 ただ、会談が表面化したことで、
谷垣氏の立場は危うくなった。密室談合だとして与野党協議を拒んできた自らの発言と矛盾するからだ。
 1日の自民党代議士会では、中堅の
河井克行氏が、谷垣氏に「ガチンコの党首討論の直前に総大将同士が裏で会って、どういう話があったのか」とかみついた。中堅・若手約20人による2月29日の会合では「早く総裁を代えるしかない」と、秋の総裁選の前倒し論が相次ぎ、派閥領袖(りょうしゅう)の一人も「谷垣降ろしにつながるかもしれない」と指摘している。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2012030101027

 この記事から何が考えられますか?昔、言語明瞭意味不明という言葉が有りましたよね。監督の主張は昔から変わっていません。「密室談合はしない。早期の解散に追い込む。」何所が監督の主張と矛盾しているのでしょうか?

 

 相手の出方を探るのは戦略の基本中の基本です。本来なら”中堅・若手約20人”が情報を集めて来るべき役目を担っている筈ですよね。彼らは自分は何もせずに”誰か”が幸運を運んできてくれるとでも思っているのでしょうか?

 中堅だとか若手だと言われても、立派な大人です。大人の社会で文句だけを述べているのなら周りから相手にされなくなるでしょう。後は考えられるシナリオとして”敵側のスパイ”という事ですよね。

 もし、敵側スパイとして自民党に内紛を作る工作をしているのなら…立派にお勤めを果たしているとも言えますが、日本人としては許せない行為です。他人を悪く言うだけで自分の立場を強化しようとするのは…何処かの民族に似ていますよね。

 彼らが単なる馬鹿なのか敵側スパイなのかは今後の言動で明らかになるでしょう。マスコミに出て声高に自分の党を批判するのは「オレって格好良い~」と自己陶酔に浸っている精神年齢の低い子供の思考形態です。

 大人であるなら、勝つ為に何をすべきか?何を成さないべきか?を考えなければなりません。スタンドプレーは確かにマスコミ受けも良いでしょう。しかし、自民党内での立場はどうなるのかも考えた方が良いかと思います。間違いなく次の選挙では自民党が政権を奪還します。

 そのときの自民党総裁は誰だと思われますか?前回の総選挙の時(内紛で有権者に嫌われましたよね)から何も学ぶ事が出来なかった愚か者を何所の誰が重用しようと考えますか?自分自身なら、何を思うかを考えるだけで分かりますよね。

 問題はマスコミです。監督に対して決定打を打てないでいるのですから。今までの監督に代わってからの選挙は結果はどうですか?自民党は負けていますか?マスコミの世論調査とは正反対の結果が出ていますよね。

 記事の中には「党内では谷垣氏への反発が出ており、求心力が一段と弱まりかねない情勢」と出ています。誰が自民党に内紛を煽っているのでしょうね。それ(マスコミ)に乗っかって本当に所謂若手や中堅の自民党議員は今後の議員活動に支障が出ませんか?もう一度考えてみた方が良いですよね。

 そして、「首相と谷垣氏は、消費増税推進という点では一致」とも出ています。確かに嘘は書いていませんが、”自民党案ではデフレ対策をしてからという大前提”が有ります。それを敢えて報道しない自由を駆使して私達一般人をミスリードしようとしていますよね。

 本来なら自民党の若手や中堅議員こそが率先して自民党の政策をアピールしなければなりません。監督批判をする前に、するべき事が有るのだと私は考えます。考えられる全ての事を遣り遂げて、それでも解散に追い込めないとなった時に初めて若手や中堅議員は監督を批判すべきなのです。(勿論ですが、私達一般人には見えない所で…理由は分かりますよね)

 それにしても、派手なパフォーマンスを繰り広げているお馬鹿さんよりも目立たないけれど地道な活動を続けている議員さんの方が余程、貴重な存在なのですよね。派手なパフォーマンスで目立っていなくとも、必ず誰かが見ています。何事も普通が一番なのですから。

 パソコン関連でも私は痛感しました。簡単に見える事が色々な方の大変な努力の結晶なのだと思います。今もアクセス解析画面とカウンターには乖離が見られます。もし仮に私の旧ブログにアクセスした瞬間に登録情報を書き換えられるという犯罪行為が行われているのなら、リンクを切っても意味は無いのかも知れませんね。

 そうなると…以前のブログの削除しか方法が無いのですが…。少し勿体ないですよね。単なる私の妄想で有れば良いのですが…。

2011年7月 4日 (月)

お久しぶりです

松本復興担当相:岩手、宮城知事と会談「復興は知恵合戦」

1451212.jpg
松本復興担当相=首相官邸で2011年6月24日、藤井太郎撮影

 松本龍復興担当相は3日、就任後初めて岩手、宮城両県を訪ね、達増拓也岩手県知事や村井嘉浩宮城県知事と両県庁で個別に会談した。松本氏は達増知事に対し「知恵を出したところは助け、知恵を出さないやつは助けない。そのぐらいの気持ちを持ってほしい」と述べ、復興政策には被災自治体の主体的な取り組みが不可欠との認識を示した。

 松本氏は宮城県の村井知事との会談で、同県が復興計画案で掲げた漁港集約方針に水産業者が反発している問題に言及。「県でコンセンサスを得るべきだ。そうしないと我々は何もしない。ちゃんとやってもらいたい」と語り、まずは宮城県内の意見集約を要請した。

 松本氏は両知事との会談で、仮設住宅で昼食会を開催して孤独死を避けたり、仮設と避難前の居住地をつなぐシャトルバス運行などのアイデアを披露し「これからは知恵合戦だ」と強調した。【中井正裕】

毎日新聞 2011年7月3日 22時21分(最終更新 7月3日 23時37分)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110704k0000m040101000c.html

 久しぶりに更新してみようかと思います。色々な所が動き出していますよね。動き出していると言うよりも軋みが極限に達してきていると言った方が正確かも知れませんね。

 以前、私がブログに書いたと思いますが、「政治とは何でも有りのケンカ」なのだと実感してしまうような事が起こっていますよね。未だにネットに繋がっていながら青臭い理想論や政策論争だけで政治が動くと思っているお目出たい方は少数になっていると思いますが…。

 今日のお話をする前に、もう一度、このブログを読んで下さっている方々に思い出して欲しい事が有ります。

 それは、「ヒトは神様ではない」という事です。何を言いたいのかと言うと、「情報は自分で探すモノ」という事と「一つの情報には必ず複数の情報の断片が混在している」という事です。

 複数の情報の断片から必要な情報を得る為には少しばかりの努力が必要です。

 では、一つの知りたい情報を得る為に必要な努力とは何かと言うと、大きく分けて2つに分類されます。

 一つは、直感や霊感と言った所謂、天才としての感覚です。これは、極々限られた人間にしか出来ない芸当です。

 こういった天才的な感覚を持っている人々は途中の過程を全て飛ばして本質を見抜く事が出来ます。確かに羨ましい素質ですが、感覚が他の人々と異なる為に普段の生活などでは苦労する事も多いと聞きます。

 メディアやネット上でも居ますが、彼らに共通しているのは「観える」、「分かる」と言うだけで途中の過程が無い為に宗教となってしまっている事です。

 一般人に理解出来ない事を逆手にとって、高価な壺を売り付けたりするカルトに騙されるヒトが後を絶たないのは「自分に無い感覚を教祖が持っている」と錯覚させられているからです。

 そして、多くの方が天才の感覚を欲している事も理由だと考えられます。

 では、私達のような一般人が情報を得る為には何をすれば良いのかを考えてみると、答えは単純で多くの情報を集めて論理的に考える事だけです。

 「論理的に考える」とは一言で言うと「過去の事例との比較」です。分かり易く例を出してみます。

 昔、チベットという国が有りました。中国共産党(今の中国)は当時の中華民国(今の台湾)に対抗する為にチベットと手を組みました。

 最初は中国共産党も友好的にチベットの人々に接していましたが、国民党政府(中華民国)を追い出した後は掌を返すようにチベットを弾圧し始めました。

 ダライ・ラマ法王を罵り、民族浄化(虐殺や中国人によるレイプ)を今も推し進めています。

 日本人である私達は中国人を信用して色々な便宜を図るべきなのでしょうか?

 確かに一度位なら間違いを犯しただけなのかも知れませんね。では、ウィグル問題とは何でしょう?モンゴルは?

 さて、もう一度考えてみて下さい。私達日本人は中国人と仲良く出来るでしょうか?

 これが、過去の事例との比較です。何度も裏切る人間とは信頼関係を築く事は出来ないのですから。

 天才の感覚と違ってピックアップする情報や複数の可能性が考えられる場合には私達は間違いを犯してしまいます。

 また、今日は正しい情報であっても明日には正反対の情報が飛び交っているかも知れません。

 つまり、「情報とは入手した時点での方向性しか示してくれない」のです。私達の日常も世界の情勢も日々刻々と変化しているという大前提を忘れてはならないのです。

 では、今日のお話をしようかと思います。この松本龍ですが、部落の顔の一人です。これは、「松本 部落」とでもして検索してみれば誰にでも直ぐに分かるでしょう。

 では、部落と言えば何でしょうか?

 部落と言えばヤクザですよね。これは、公安調査庁の方の動画が有名ですよね。

http://niconicoyoutubeseizi.blog52.fc2.com/blog-category-26.html

 他人様の個人ブログのようですが、勝手に紹介させて貰いました。(不都合が有れば言って下さいね)このように知り得る立場の人が実名で顔を出して述べている事からも真実ではないかと思われます。

 一番最初の動画だけでも御覧になって下さいね。

 では、部落(ヤクザ)のエリートでもある松本龍が本当に毎日新聞に有るような普通の会談をしただけなのでしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=VtUqWdbjnTk

 これが、毎日新聞で”宮城県の村井知事との会談”と淡泊に書かれている松本龍の発言です。

 誰が聞いてもヤクザの脅しにしか聞こえませんよね。朝鮮人や部落といったヤクザ者に共通しているのは実力も無いのに横柄な態度でヒトを不快にさせる事です。

 自民党時代に知事や市長と言った首長に対して大臣が偉そうに踏ん反り返って敬語も使わずに「~をやれ」等と言った事が有ったでしょうか?

 確かに密室での会談というのは自民党時代にも有りました。しかし、少なくともメディアに載っている時には対等な立場でお互いに敬語を使った会話をしていましたよね。

 まさか未だに、この松本龍という馬鹿ヤクザを有能だとか信用出来ると言っているお馬鹿さんはネット上には居ないと思いますが、もし万が一にでも見つけたら動画を見せてあげて下さい。

 少し脱線しますが、このブログを読んで下さっている方々は「自殺」というと何を思い浮かべるでしょうか?

 首つり、リストカット、睡眠薬、飛び降り…こういった事ではないかと思います。

 では、次のニュースを見て下さい。

都議自殺か、与野党逆転 築地移転問題 流動化も

 一日午前三時すぎ、東京都葛飾区鎌倉四、自民党都議の樺山卓司さん(63)=葛飾区選出=の自宅兼事務所で、樺山さんが頭からポリ袋をかぶってぐったりしているのを家族が見つけ、一一九番した。樺山さんは病院で死亡が確認された。警視庁は事件性はなく、自殺とみて調べている

 関係者によると、樺山さんはポリ袋の端を粘着テープで留めた状態で見つかった。

 樺山さんは日本大法学部卒。葛飾区議を三期務めた後、一九九三年に都議に初当選、現在五期目。

    ◇

 東京都議会(定数一二七、欠員一)は、自民党の樺山さんの死去によって与野党勢力が逆転し、自民、公明の知事与党は劣勢となる。一日は六月議会の最終日で、議案の成立などに影響を及ぼす。

 二〇〇九年七月の都議選で過半数を得た野党は、築地市場(中央区)移転問題で都に再考を求めるなど影響力を行使してきた。しかし今年三月、民主都議(後に辞任)が造反し、民主選出の議長を除くと与党が一議席差で野党を上回った。このため、三月議会では、築地市場の移転関連経費二十一億円の予算案が成立、移転問題は大きく前進した。

 樺山さんの死去で与野党は同数となり、採決は民主の議長裁定で野党の意向が反映されることになる。一日で消滅する見通しだった築地市場と新銀行東京の両特別委員会も、存続する可能性が出てきた。また、民主の議員提出議案「省エネルギー条例」も成立の見通しとなった。

 一日は各党で議会対応の協議が長引いており、本会議の開会時間は予定の午後一時から遅れている。

 樺山氏の葛飾選挙区は定数四で欠員一となるが、一三年七月の任期満了まで補欠選挙は実施されない

 樺山さんの死去に伴う都議会の会派別構成は次の通り(欠員二)。▽民主五一▽自民三八▽公明二三▽共産八▽生活者ネット・みらい三▽無所属二

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011070102000187.html

 本当に”自殺”なのでしょうか?少なくとも私には自殺とは思えません。日本では外国のように拳銃や爆弾を使ったテロは少ないですが、確実にテロは有るのです。

 では、話を戻しますね。無能ヤクザの松本龍がメディアに載っている事を承知で暴言を吐いた事から何が考えられるでしょうか?

 本気で発言を隠すつもりなら、メディアに圧力を掛ける事が出来る立場に居るのです。それをワザとメディアに載せて流したという事に意味が有ります。

 多くの方が覚えていると思いますが、”全ての情報は誰かが何かの目的の為に流すモノ”なのですよね。では、今回の事は?

・菅の外国人献金に対する煙幕

・捨て身の玉砕

 大きく分けて、この2つが考えられるかと思います。どちらの場合も松本龍という馬鹿ヤクザの個人的な感情は考慮されません。大切なのは、松本龍個人ではなくバックに居る部落としての感情や利害なのですから。

・菅の外国人献金に対する煙幕

 これは、大前提として”部落と菅の仲が良い(利害が一致)”という事を意味します。

 では、次のニュースから何が分かるでしょうか?

迷走政権のツケずしり だぶつく仮設住宅、資材の在庫山積 住宅業界が悲鳴

 みなし仮設住宅制度の導入が遅れたことは、住宅メーカーにも大きな打撃を与えた。仮設住宅の建設予定戸数がいきなり減少したためで、震災直後から政府の求めに応じて建設資材を準備してきたメーカーは、行き場のない在庫の山に頭を抱えている

 政府は震災直後からプレハブ建築協会に仮設住宅の供給を要請。必要な戸数は4月上旬、約7万2千戸に達し、専門のプレハブリース業者のほか、通常はプレハブを扱っていない住宅メーカーも含めて、住宅業界が総掛かりで対応した。

 そんな状況がみなし仮設導入後に一変。必要戸数が激減し、約2万1千戸分が宙に浮いた。各社は発注済み資材のキャンセルを強いられ、間に合わない分は大量在庫となった。

 住宅メーカー幹部は「仮設用に通常の住宅資材を短く切断して利用したり、ユニットバスも小型のものを特別に注文したりして対応してきた。今さら通常の顧客向けに転用することはできない」と指摘。「最終的に廃棄処分も考えなければならない」(大手住宅メーカー)との声もある。

 業界側は水面下で政府と対応策を協議している。しかし、政府は「資材調達は業者の責任だ。国費での負担軽減などは一切考えていない」(国土交通省)とにべもなく、業界からは「今後は政府への協力を控えたいのが本音だ」(別のメーカー)との不満が漏れる。(高山豊司)

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110616/biz11061622440036-n1.htm

 このような報道も有りますね。その前には韓国への大量発注といった(誤報とされていますが…)ニュースも有りましたね。

 本当に誤報だったのでしょうか?確かに朝鮮人の特技の一つに放火が有りますが、一般的には火の無い所に煙は立ちませんよね。

 私は、菅と朝鮮人(Zを含む)との間に何らかの話し合いが有ったのだと考えています。そして、朝鮮人が先走って報道してしまった為に騒ぎになって火消しをしたのではないかと考えています。

 さて、松本龍は実家がゼネコン(松本組)です。B(部落)の利権を真っ先に考える松本龍がZ(在日等の朝鮮人)利権を優先する菅と仲良く出来るでしょうか?

 無能ヤクザの松本龍個人の感情は分かりませんが、少なくともバックにいるBの組織としてみれば、菅とは利害が対立していますよね。

 つまり、今回の無能馬鹿ヤクザである松本龍の暴言を敢えてメディアに載せたのは菅の為ではないと考えられます。

・捨て身の玉砕

 この考え方の方がスッキリします。もう少し具体的に考えてみましょう。

 馬鹿ヤクザの松本龍は何を破壊しようとしているのでしょうか?私には民主党を破壊しようとしているように感じます。

 以前に、「松本龍は小沢と組んで民主党を割る行動に出る」と書きましたが、5月の連休明けにも小沢新党が出来るかも知れないとニュースを見ていましたが、これはマルチ商法の山岡達の裏切りで頓挫してしまいました。(青山氏の動画が分かり易かったですね)

 小沢新党の芽を潰された事から民主党を割る事が難しくなった為に民主党そのものをBが潰しに掛かっているのだと考えています。

 ここで、 多くの方が「折角の大臣ポストという利権を自分で潰すのかな?」、「馬鹿ヤクザがうっかりしただけじゃないのかな?」という素朴な疑問を持つと思います。

 私は「政治家はタレント(代弁者)に過ぎない」と考えています。確かに中には有能な政治家も居るでしょう。しかし、基本的に政治家は所属する組織の利益の為に代弁しているに過ぎないのだと考えているのです。

 そして、色々な政治家の発言や行動は全て所属する組織の意向を反映しているのだと考えています。

 今回の馬鹿ヤクザの松本龍の暴言ですが、言葉遣いというモノは一朝一夕に変えられるモノでは有りません。

 つまり、今までも同じような言葉遣いをしていたと考えられます。しかし、今迄はメディアに載る事は有りませんでした。

 つまりは、Bの組織として又は民主党としてメディア操作をしていたと考えられます。しかし、今回はメディアに載りました。

 これは何を意味しているのでしょうか?組織としてのBと民主党(菅一派)が対立した状態だと私は考えています。

 Bの利権は何も松本龍が国会議員でいなければ得られないモノでは有りません。タレント(国会議員)の代わりは幾らでも作れるのです。

 無能な馬鹿ヤクザには”それらしい名前の役職”だけ与えて事実上の引退をして貰った方がBの組織としての利権は得られるのですから。

「チームドラゴン」始動 松本復興相が異色会見 「民主も自民も公明も嫌いだ!」

 松本龍復興対策担当相は28日、就任後初となる記者会見を行った。重責を担い吹っ切れたのか、質疑途中にサングラスをかけ、自ら率いる被災者支援チームを「チーム・ドラゴン(龍)」と命名した。

 松本氏は「ひたすら被災者に歩いていく。復興基本法に魂を入れ、骨や肉をつけていく」と語り、被災地復興に全力を注ぐ覚悟を強調。「3月11日以来、私は民主も自民も公明も嫌いだ。(首相退陣が)7月か8月になるか分からないが、このチームは右顧左眄しない」と述べ、「菅降ろし」に明け暮れる民自公3党に強い不快感を示した。

 「チームが失敗したら責任を取るのが閣僚の役目。私は屋上でたばこを吸っていようかと思う」と断言すると、同席した復興対策本部長補佐に就任した平野達男内閣府副大臣は「松本さんは親分肌だ!」との最大級の賛辞。責任転嫁ばかりする首相はますます見劣りしてしまうのでは-。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110628/plc11062823230022-n1.htm

 記事の中にある「私は民主も自民も公明も嫌いだ」という言葉が本音なのでしょう。野中氏の居ない自民党や池田大作死去に伴って現実路線を進もうとする公明党が嫌いだと言うのは分かりますが、大臣ポストまで恵んでくれた民主党を嫌いだと言うのはBの組織から”何かを吹き込まれた”と考えられます。

 最重要な情報は馬鹿ヤクザには知らされないのでしょう。しかし、菅の退陣時期の予測と民主党破壊の方向性は示唆されていると考えられます。

 今年の夏は色々な意味で熱くなりそうです。

 この夏の政界のキーパーソンの一人として馬鹿ヤクザが注目されるでしょう。

 原発関連、小沢の動向や世界の動き、アメリカや韓国の動き、そして中東情勢も書きたかったのですが、少しスペースが足りないようです。また、ボチボチと更新しようかと思います。

 最後になりますが、いつもブログを読んで下さっている方々、ありがとうございます。

2011年4月 1日 (金)

いわき市担当は横粂

2011-03-24 18:40:00

現地より

1344997.jpg 民主党災害対策本部の福島県対策室の一員になりました

各県、各市、各避難所、そして各被災者の皆さんが、具体的に今何を必要としているのか、きめ細やかに情報を収集し、必要な物資を確実にお届けできるようにすると共に、党執行部や政府に必要な対策を求めていくのが私たちの役目です。

そして現在、福島県いわき市にて活動中です。

市役所内に設置されているいわき市災害救援ボランティアセンターにて様々な情報を頂き、NPO法人やボランティアの方が活動されている物資集積所にてお手伝いをさせて頂いた後、海岸沿いの避難所を回りながら、被害の様子を見ています。

甚大な被害に、心が痛みます。

現地にて集めた様々な情報を集積し、議員として党として国会としてできることを、全力で行ってまいります。

よこくめ勝仁

http://am6.jp/fvY0GA

福島県全域の担当なのか、いわき市の担当なのかは判然としませんが、横粂が物資集積所で担当する与党民主党の国会議員である事は”福島県対策室の一員になりました”という記述から確かなようです。

動画に依れば、3月30日では物資は止められたままでした。

では、横粂は何をしていたのでしょう?

2011-03-30 21:01:36

カット♪カット♪カット♪

1344987.jpg 1344989.jpg 1345008.jpg

【プリン】の身体の毛が伸びてきたので、 よこくめ店長が自らカットしてくれました(^.^)


まるで美容室でトリミングしたような仕上がりの出来栄え!!

さすが自分の髪をすきバサミで手直ししてるだけのことはあります。

【プリン】可愛くなってよかったね!!

ビフォー、アフターは後ほど...(^O^)

http://ameblo.jp/wan-nya-ful/entry-10846202603.html

これが、3月30日の横粂が出てくるブログです。

ちなみに横粂(民主党)は、現地に入る迄何をしていたのかは次のブログから分かりますよね。

2011-03-18 12:59:05

災害ボランティア準備室

連日、党の災害ボランティア準備室にて会議を重ねています

一日でも早く現地に入り、困っている方々を直接助けたいという想いを抑え、国会議員として真に役に立てる道を探っています

私たちボランティア準備室の役割は、全国のみならず世界中から送られてくる物資をいかに仕分け、各避難所のニーズをいかに把握し、物資をいかに届けるのか、そして、それらに携わるNPO法人や個人ボランティアの方々と政府をいかに結びつけるのかを描き、実現することです

今からまた会議です

よこくめ勝仁

http://am6.jp/fvY0GA

段々と辻元と止まっている物資の関係に近付いて来ているように思います。

ちなみに、横粂が”会議”と称して何もしていない時に同じ新人議員の小泉氏が何をしていたのかもブログを貼り付けておきます。

2011-03-18 22:26:12

地元で被災者の方々とお会いしました。

こんばんは。小泉進次郎です。

今日の夕方、急遽地元の三﨑港に戻って被災県から寄港している海洋高校の実習船に乗る皆さんにお会いしてきました。

福島から「福島丸」。宮城から「宮城丸」。青森から「青森丸」です。

まだ19歳の実習生の中には家族と連絡が取れない生徒もいます。そんな状況なのに「一緒に写メ撮っていいですか」と笑顔で話してくれました。

船長さんは家を流されたのに、現状を丁寧に説明してくれました。

そして、何も出来ない私に「来てくれてありがとう。生徒達も元気が出ます」と。


目の前に支援出来る相手がいる。目の前のことを一生懸命やろう。改めてそう思いました。元気づけてあげなきゃいけないのに、逆に元気をもらいました。

今夜10時、「福島丸」は、毛布やペットボトル入りの水などの救援物資を積んだ神奈川県立海洋科学高校の実習船「湘南丸」の先導として福島の小名浜に向けて出発しました

待ってる人たちがいます。無事に小名浜につきますように。

頑張ろう!

http://ameblo.jp/koizumi-shinjiro/day-20110318.html

これでも自民党批判をしているドブネズミが居ますよね。どうしても、私には日本人だと思えないのです。利権だ何だと屁理屈を述べていますが、実際問題として民主党ではヒトが死んでいくのです

命が助かって初めて利権だとか何だとかを言えるのだと分からないのでしょうね。

被災地から遠く離れた場所で吠えているドブネズミにとっては日本人の命よりもお金なのでしょう。

日本人を殺している民主党を擁護するのはドブネズミだけです。そして擁護する為には平気で嘘を吐きます。

日本人と言うよりも人間を辞めたのかと考えてしまいます。そう言えば、人間になれないヒト擬きが日本には居ましたよね。何十万匹も…。

少し脱線してしまいましたが、横粂がブログ上で”ボランティア準備室の役割”として述べている事が”仕分け”や”物資をいかに届けるのか”という事です。

さらに”NPO法人や個人ボランティアの方々と政府をいかに結びつけるのかを描き、実現することです”と書かれていますね。

つまり、集まった物資集積所の山のような配られない物資は民主党のボランティア準備室の責任という事になります。

他にも外国からの支援物資に関して不可解な行動が有りましたよね。直近では中国からのガソリンも有りました。

中国提供のガソリンはなぜか西日本へ=理解できない民主党の援助受け入れ方法―中国大使

2011年3月29日、程永華(チェン・ヨンホワ)駐日本中国大使は記者会見を開き、日本の援助受け入れ方式には問題があると指摘した。31日、人民網が伝えた。

また、中国はガソリン1万トン、ディーゼル油1万トンを無償供与したが、中国のタンカーは愛媛県と広島県で荷を下ろすように要求された。「なぜ被災地から遠く離れた両県が指定されたのか。理解できない」と程大使は不満をもらした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110401-00000006-rcdc-cn

これも横粂のブログの言葉を信じるなら、ボランティア準備室(民主党)がやっている事です。

そして、横粂のブログに有るNPO法人とは言うまでも無くピースボート等ですよね。

この週末にボランティア活動参加を考えているみなさまへ

東北地方太平洋沖地震から2週間が経ちました。
すでにお知らせしているように、東北自動車の車両規制が全面解除され、一般車両でも緊急通行車両標章なしで高速道路通行ができるようになりました。この週末に被災現地に赴いて、ボランティア活動に参加しようというご希望の方もおられるのではないかと思います。

内閣官房震災ボランティア連携室
室長 湯浅 誠

http://www.tasukeaijapan.jp/message/index02.html

此処に”内閣官房震災ボランティア連携室  室長 湯浅 誠”と出てきますね。

どうやら、民主党政府が絡んでいる事は確かなようです。

蓮舫氏を節電担当相、辻元氏をボランティア担当首相補佐官に

 枝野幸男官房長官は13日午後の記者会見で、蓮舫行政刷新担当相を節電啓発担当相に、辻元清美衆院議員を災害ボランティア担当の首相補佐官に任命すると発表した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110313/plc11031317120014-n1.htm

少しずつ近付いて来ましたよね。まだ、故意に止めているのか無能だから止まっているのかは判断できませんが、確実に辻元や民主党が物資を止めている事だけは確かなようです。

後は命令書や会社に送ったとされるファックス等の現物が出てくれば完璧です。

日本人を現在進行形で殺そうとしている民主党やそのシンパは決して許してはなりません。

何が何でも民主党議員を追い出さなければなりません。

前回(2007)の候補者統一地方選

http://go2senkyo.com/special/2007toitsu/list.html

前回の統一地方選での候補者名簿を活用して下さい。

2011年3月27日 (日)

ネガティブキャンペーン

福島県ホームページ(暫定版)

http://wwwcms.pref.fukushima.jp/

NHKオンライン

http://www.nhk.or.jp/

ライフラインの被害・復旧状況

http://www.logoe.net/jishin/2011/03/post-37.html

いわき市

http://www.i-iwaki.jp/modules/myalbum0/viewcat.php?cid=16

http://www.city.iwaki.fukushima.jp/index.html

前回(2007)の候補者統一地方選

http://go2senkyo.com/special/2007toitsu/list.html

被災地域の事が気掛かりですが、時間は過ぎて統一地方選はやってきます。

混乱に乗じてパニックを煽ったりデマ情報や些細な情報を重要な事のように宣伝して判断を狂わせようとする敵が居ます。

最も典型的なモノが特定の候補者や政党に対するネガティブキャンペーンです。

事実を織り交ぜて分かり辛くしたデマを流すのが特徴です。そして、特定の候補者が悪いイメージを抱かれるように文章を書きます。

これには、”事実を書かないというテクニック”も駆使しているようです。

例えば、次のような文章を読んだ時にどのように感じるでしょうか?

・石原都知事は安全だと言いながら、制限を受けた野菜等を引き取ろうとしない。

この文章を読んだ方は石原氏が嘘を吐いているように感じますよね。そして卑怯な性格だと考えてしまいますよね。

しかし、同じ事を別の言い方をしてみますね

・石原都知事は国の摂取制限や出荷自粛の対象となっている野菜は法的に引き受けられないけれど、それ以外の農産物を東京都で引き受ける事にした。

これだと印象がまるで違いますよね。これが、典型的なネガティブキャンペーンの手口です。

出荷自粛外の本県農産物 東京で引き受け 石原都知事 「福島には恩がある」

1339951.jpg

 福島第一原発事故で本県の野菜が摂取制限や出荷停止の指示を受けた問題で、東京都は出荷自粛の対象外となっている農産物については県とJAと調整の上、東京都の市場で引き受けることにした。25日、福島市の県災害対策本部を訪れた東京都の石原慎太郎知事が佐藤雄平知事に約束した。
 石原氏は佐藤知事との会談後、報道陣の質問に答えた。本県をはじめ、群馬、栃木、茨城4県の農産物の一部が出荷を控えるよう政府から指示があったことについて「政府のやり方は乱暴」と指摘。対象となっていないネギやトマト、キュウリなどの農産物を各県知事の判断で出荷すれば「責任を持って引き受ける」と述べた
 佐藤知事は東京都が本県産農産物を引き受けることについて、「正確な情報を提供し、出荷する態勢を取っていく」との考えを示した。
 石原氏は今回の福島第一原発の事故について「私は原発推進論者」として「資源のない日本で原発を閉ざしてしまったら日本の経済は成り立たない。10メートルの津波やマグニチュード9など誰も想像できなかった。原発を冷静にとらえるべき」と述べた。
 一方で、東京電力の対応については「(後のことを考えて真水を注入するのではなく)はじめから海水を注入すべきだった」と批判した。
 さらに、「(原発先進国は)政府が原発を直轄するシステムを取っている」と国が管理すべきと主張した。

[福島には恩がある]
 東日本大震災を「天罰だ」とした発言についての質問に対し、石原氏は「文章の前後を切り取って使うべきではない。福島に罪はない」と説明した。さらに「福島には大きな恩がある。東京の経済や生活は福島の電力で成り立っている。震災、原発と多くのものを背負わされた県は他にない。できるだけのことをやる」と強調した。
【写真】県災害対策本部を訪れ、佐藤知事の出迎えを受ける石原都知事=24日午後1時18分ごろ

(2011/03/26 09:07)

http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4147&blockId=9812223&newsMode=article

石原都知事の「できるだけのことをやる」という言葉は行動を伴っていますよね。

小沢、鳩山といった大物と呼ばれる議員は何をしているのでしょうね。

谷垣氏は風評被害の出ている福島県に出向きます

自民・共産党首、被災地へ

 自民党の谷垣禎一総裁は26、27両日に東日本大震災の被災地などを訪問する。仙台市や福島県南相馬市などに加え、山形県内の避難施設を視察予定。石原伸晃幹事長も26日に宮城県気仙沼市などを訪ねる。

 共産党の志位和夫委員長は27日に南相馬市を訪問する。各氏の被災地視察は初めて。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E7E2E1998DE0E7E2E1E0E2E3E38297EAE2E2E2;at=DGXZZO0195166008122009000000

これが、政治家としての有るべき姿なのだと私は思います。麻生総理も先に南相馬市に出向いていますよね。

政権与党である民主党からは誰か出向いているのでしょうか?私はまだ、その情報を知りません。

そして、自民党に対するネガティブキャンペーンとして叫んでいる事として大阪の長田府議会議長の事を騒いでいますよね。

ですが、自民党は何をしたのかを”ワザと書かない”事で自民党に対してネガティブキャンペーンを張っていますよね。

「天の恵み」発言議長を除名、辞職勧告 自民大阪府連

 東日本大震災で大阪府咲洲庁舎(旧WTCビル、大阪市住之江区)への府庁舎全面移転案が見直されていることを受け、「大阪にとって天の恵みというと言葉が悪いが、本当にこの地震が起こってよかった」と発言した長田義明府議会議長について、自民府議団は23日、除団処分とした上で議長辞職を勧告した。

 府議団幹部によると、長田氏は勧告に対して態度を明確にしていないという。

 自民党大阪府連は同日付で、4月の統一地方選で行われる大阪府議選での長田氏の公認取り消しを決定している。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110324/lcl11032408460001-n1.htm

このように党として処分をしているのです。これ以上の事を望むなら、具体的に何が出来ると言うのでしょうね。

統一地方選に向けて今後も敵は色々な誹謗中傷を仕掛けてくるでしょう。私達は騙されてはダメなのです。

この統一地方選を民主党政権を倒す足掛かりとしなければなりません。

2011年3月23日 (水)

情報戦を勝ち残れ

農産物に風評被害 出荷停止の4県産

 福島第一原発の事故の影響で、福島、茨城、栃木、群馬の四県産の農産物のうち、政府から出荷停止を指示されていない品目までが返品されたり、売買契約が破棄される事態が起きている。農林水産省は卸売市場関係者や小売業界に適切に対応するよう要請。流通や外食各社では消費者の安心につなげようと自主検査に踏み切る動きも出始めた。

 農水省は二十二日に、全国の卸売業者から市場での取引状況の聞き取り調査を実施。東日本の一部の市場で、四県産のレタスやチンゲンサイといった葉物について、小売業者から敬遠されて値が付かなかったり、小売業者が卸売業者との間で成立していた契約を破棄するなどの事例があった

 同省は「小売業者は『消費者から敬遠される』と考えたようだ。風評被害と言える」とする。市場が対象外品目を受託拒否した場合は卸売市場法に反するが、卸売業者と小売業者の間で行われるのは民間の取引で法令違反などには当たらない。同省は二十二日に卸売業者や小売業者の関係団体を同省に集め、科学的な根拠に基づき適切に対処するよう要請した。

 一方、スーパーや外食各社では、出荷制限の対象外となったものは「安全と判断されている」として、風評被害が拡大しないようにこれまで通りの販売を続けている。

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは「国で安心とされているものは当然、積極的に使う」と、茨城県産のレタスやサニーレタスの使用を継続。放射線量の自主検査も行うとしている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011032302000036.html

今の正反対の情報が乱れ飛ぶ状況を見て、多くの方が分かったと思いますが、今は情報戦の真っ最中です。

是非、自分自身で考えてみて下さい。

全ての情報は誰かが何かの目的の為に流す」という事を忘れないで下さい。

そして、どのような情報を見ても「この情報を流して得をするのは誰だ?」と考えて下さい。

例えば、水洗いすれば問題の無い日本産の野菜と洗剤で洗わなければ食べられない中国産の野菜を並べて「どっちも同じ」と言って得をするのは誰でしょう?

発電を停止している日本の発電所を再開するよりも外国から発電所を買えと言うのは誰でしょうか?

「子供手当は被災者救済にもなる」と叫ぶ方は本当に被災地に住んでいる方でしょうか?

不安を煽って首都圏から人間を追い出して得をするのは誰でしょうか?

デフレ不況と言われてモノが余っていた日本ですが、店頭からモノが無くなっているのは誰が意図しているのでしょうか?

政府発表もマスコミ発表もブログもツイッターも全てが”情報”なのです。そして、情報で有る限りは全て何らかの意図を持って流しているのです

最も露骨に表れるのが株価です。何処の株が値上がりして誰が買っているのかも注意深く観察しなければなりません。

私達は賢くならなければならないのです。

2011年3月20日 (日)

善意を踏みにじる悪魔

地震・原発・節電の文字含むマルウェア、日本語メールで出回る

 東日本大震災に便乗し、メールの添付ファイルで不正プログラムが届く事例が複数確認されている。すでにAdobe製品の未修正の脆弱性を悪用した攻撃も行われている、とトレンドマイクロが注意喚起した。

 地震発生後、複数の法人より、「地震」「津波」「原発」「節電」「家族安否」といった文字が含まれるファイルがメールで送られてきたという報告が届いているという。

 ファイルの拡張子は「exe」「scr」「doc」「xls」。メールの件名、本文は日本語で書かれており、メールの送信者を関連団体や同じ組織の所属員に偽装している事例も確認されている。

攻撃の流れ

 また、こうした不正プログラムにより、Adobe製品の未修正の脆弱性(米Adobeが14日に公表)を悪用した攻撃も確認された。

 攻撃の流れは、メールで届いた「津波」などの文字を含んだExcelファイルを開くと、「TROJ_DROPPER.ADO」「BKDR_COSMU.KO」などが作成され、PCのOS情報やファイル、ディレクトリのリスト、稼働中プロセスのリストなどが外部サーバーへ送信される。また、「BKDR_COSMU.KO」はバックドアの機能も備えており、PCを不正に遠隔操作する可能性もあるという。

 トレンドマイクロでは「攻撃者の意図は明らかではないが、感染したPCから何らかの情報を不正に入手しようとしていると考えられる」とし、震災に関する多くの情報がメールでやりとりされているが、いつも以上に「メールの送信元を確認し不審な場合は開封しない」「添付ファイルも不用意に開かず周囲に相談する」といったことを心がけるよう呼びかけている。

 なお、この攻撃で悪用されてるAdobe製品の脆弱性に対する修正パッチの配信予定は3月21日(一部は6月になる見込み)で、いわゆる「ゼロデイ攻撃」の状態にあるという。

本文終了

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110320_434238.html

この危機的状況や私達の善意を悪用している方が居ます。騙されないようにして下さい。

最も多くの被害は善意の情報拡散を信用させなくする事と募金詐欺です。情報拡散は必ずソース(情報元)を確認してからにして下さい。

募金も必ずしっかりとした所に行って下さい。馬鹿が民主党の募金を募っていますが、民主党には絶対に行わないで下さい

1333895.jpg

http://www.dpj.or.jp/

1333897.jpg

http://www.dpj.or.jp/20110311

このようになっています。問題部分を抜き出してみます。

税制上の優遇措置の適用をご希望の方は、被災県等の寄付受付窓口に直接ご寄付くださいますようお願い申し上げます。

このように書かれていますよね。つまり、民主党が私達の募金を何に使うかをチェック出来ません

何も後ろ暗い所が無ければ、”詳細”等と書いて分かり易く表示するハズなのです。

わざわざ隠して”被災地支援のビラ(PDF)、バナーなどのダウンロード”と書いているのは火事場泥棒と同じです。

必ず、被災県や日赤等に直接募金して下さい。同じような構図で日本ユニセフ(アグネスの居る所)や芸能人の募金も有りますから、注意して下さい。

2011年3月19日 (土)

ネット上の全ての方へ

流言飛語(デマ)が飛び交っています。私達はネット上に限らず情報を精査しなければなりません。

例えば、一番多くのデマの根拠がツイッターです。

今、祖母と叔母に確認。何と仙台市の三条中学校の避難所、閉鎖!避難所用救援物資を根こそぎ、近隣の外国人留学生(中国韓国で七割強)が運び出してしまい、避難所の機能停止だそうです。なぜ留学生たちに事情説明せずに配ったんだ!馬鹿なことを!#sendai

http://twitter.com/mizubasyo/status/48268982519730176

かなり切羽詰まったような事を書いていますよね。本当なら大変ですが…本当でしょうか?

仙台市立三条中学校の避難所での留学生とのトラブルは誤解です。現地で確かめて来ました。大丈夫です

では、こちらは信用できるのでしょうか?正反対の事を書かれていますよね。先ずは情報の精査をしましょう。先ずは自己紹介を見てみましょう。

では、先程の切羽詰まった方の自己紹介も見てみましょう。

どちらが、本当なのでしょうね。「おまえは誰なんだよ」と多くの方が思われるでしょう。

この危機的状況を利用しようと”自称専門家”だとか”自称情報通”がいつもの何倍もの情報をネット上に出しています。

彼らの出す大量のデマのお陰で本当に必要な情報が探せなくて困っている方が居ます。それに輪を掛けて情報を精査せずに拡散に手を貸している方も居ます。

どうか、お願いです。ソース(情報源)の不確かな情報は拡散しないで下さい

被災地の方を不安にさせて喜ぶような気持ちではなく、親切心からなのだろうとは分かりますが、お願いします。命が掛かっているのです。

被災地で暴動などで本当に助けが必要な方は、写メールを一枚付けて下さい。お願いします。

大抵の情報はNHKにアクセスすれば手に入ります。自称専門家や自称情報通の方に騙されないようにして下さい。

http://www.nhk.or.jp/

お願いします。イザブログもアクセスが集中してしまい繋がり難い状況になっています。野党に対する不平不満など今、本当に書かなければならない状況なのかを考えて頂ければ幸いです。

アクセスカウンター

  • 本日のお客様
    オススメのコスメ
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ