« 再開します | トップページ | 知らなかった事、知らなければならない事 »

2012年3月 3日 (土)

普通が一番

 長らくお待たせして、申し訳有りませんでした。知識ゼロからホームページやらPDFやらと、この数日で詰め込み何とか自分なりに仕上げてみました。ただ、本当にお金を頂いても良いのかと今でも葛藤しています。

 そこで、先ずはサンプルとしてブログをお読み下さる方に見て頂こうと思いました。

 毎日新聞をウォッチしよう(リンクになっています)

 内容としてはギリシャ関連に関して、日本国内では橋下氏の維新関連を書いています。そして、個別の事案として取り上げたのがエルピーダの破綻です。それぞれに何が考えられるのかを自分なりに一般常識を基にして考えてみました。

 スタイルとしては今後も同じようになると思います。ただ折角、ブログをお読み下さる方が居られるのですから、ご購入頂けない方にも”何か”をお渡しできればと考えています。そこで、今回は次の記事を選んでみました。

極秘会談、批判浴びる谷垣氏=総裁選前倒し論も-自民

 自民党の谷垣禎一総裁が野田佳彦首相との極秘会談に臨んだ背景には、消費税率引き上げに対する首相の決意を見極めるとともに、早期の衆院解散・総選挙の可能性を探る狙いがあったとみられる。しかし、消費増税関連法案の提出前の与野党協議を「密室談合」と批判してきただけに、党内では谷垣氏への反発が出ており、求心力が一段と弱まりかねない情勢だ。
 「会っていない」。谷垣氏は1日の記者会見で重ねて極秘会談を否定。記者が食い下がると「私にもプライバシーがある。全部しゃべるつもりは毛頭ない」と声を荒らげた。
 
首相と谷垣氏は、消費増税推進という点では一致。このため、谷垣氏は衆院解散・総選挙後であれば増税に協力する姿勢を示してきた。しかし、早期の解散に追い込む見通しは立たず、谷垣氏には手詰まり感もあったようだ。
 極秘会談で谷垣氏は、増税法案に野党が協力するのと引き換えの「話し合い解散」に対する首相の思いや、消費増税反対を明言する
小沢一郎元代表を排除してでも増税を進める決意が首相にあるのかなどを探ったとみられる。
 早期解散となれば、国政進出を目指す「大阪維新の会」や、石原慎太郎東京都知事を党首とする新党構想の機先を制する形にもなり得る。話し合い解散については、
森喜朗元首相らがかねて主張。党内には支持が広がり始めており、谷垣氏も否定はしていなかった。
 ただ、会談が表面化したことで、
谷垣氏の立場は危うくなった。密室談合だとして与野党協議を拒んできた自らの発言と矛盾するからだ。
 1日の自民党代議士会では、中堅の
河井克行氏が、谷垣氏に「ガチンコの党首討論の直前に総大将同士が裏で会って、どういう話があったのか」とかみついた。中堅・若手約20人による2月29日の会合では「早く総裁を代えるしかない」と、秋の総裁選の前倒し論が相次ぎ、派閥領袖(りょうしゅう)の一人も「谷垣降ろしにつながるかもしれない」と指摘している。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2012030101027

 この記事から何が考えられますか?昔、言語明瞭意味不明という言葉が有りましたよね。監督の主張は昔から変わっていません。「密室談合はしない。早期の解散に追い込む。」何所が監督の主張と矛盾しているのでしょうか?

 

 相手の出方を探るのは戦略の基本中の基本です。本来なら”中堅・若手約20人”が情報を集めて来るべき役目を担っている筈ですよね。彼らは自分は何もせずに”誰か”が幸運を運んできてくれるとでも思っているのでしょうか?

 中堅だとか若手だと言われても、立派な大人です。大人の社会で文句だけを述べているのなら周りから相手にされなくなるでしょう。後は考えられるシナリオとして”敵側のスパイ”という事ですよね。

 もし、敵側スパイとして自民党に内紛を作る工作をしているのなら…立派にお勤めを果たしているとも言えますが、日本人としては許せない行為です。他人を悪く言うだけで自分の立場を強化しようとするのは…何処かの民族に似ていますよね。

 彼らが単なる馬鹿なのか敵側スパイなのかは今後の言動で明らかになるでしょう。マスコミに出て声高に自分の党を批判するのは「オレって格好良い~」と自己陶酔に浸っている精神年齢の低い子供の思考形態です。

 大人であるなら、勝つ為に何をすべきか?何を成さないべきか?を考えなければなりません。スタンドプレーは確かにマスコミ受けも良いでしょう。しかし、自民党内での立場はどうなるのかも考えた方が良いかと思います。間違いなく次の選挙では自民党が政権を奪還します。

 そのときの自民党総裁は誰だと思われますか?前回の総選挙の時(内紛で有権者に嫌われましたよね)から何も学ぶ事が出来なかった愚か者を何所の誰が重用しようと考えますか?自分自身なら、何を思うかを考えるだけで分かりますよね。

 問題はマスコミです。監督に対して決定打を打てないでいるのですから。今までの監督に代わってからの選挙は結果はどうですか?自民党は負けていますか?マスコミの世論調査とは正反対の結果が出ていますよね。

 記事の中には「党内では谷垣氏への反発が出ており、求心力が一段と弱まりかねない情勢」と出ています。誰が自民党に内紛を煽っているのでしょうね。それ(マスコミ)に乗っかって本当に所謂若手や中堅の自民党議員は今後の議員活動に支障が出ませんか?もう一度考えてみた方が良いですよね。

 そして、「首相と谷垣氏は、消費増税推進という点では一致」とも出ています。確かに嘘は書いていませんが、”自民党案ではデフレ対策をしてからという大前提”が有ります。それを敢えて報道しない自由を駆使して私達一般人をミスリードしようとしていますよね。

 本来なら自民党の若手や中堅議員こそが率先して自民党の政策をアピールしなければなりません。監督批判をする前に、するべき事が有るのだと私は考えます。考えられる全ての事を遣り遂げて、それでも解散に追い込めないとなった時に初めて若手や中堅議員は監督を批判すべきなのです。(勿論ですが、私達一般人には見えない所で…理由は分かりますよね)

 それにしても、派手なパフォーマンスを繰り広げているお馬鹿さんよりも目立たないけれど地道な活動を続けている議員さんの方が余程、貴重な存在なのですよね。派手なパフォーマンスで目立っていなくとも、必ず誰かが見ています。何事も普通が一番なのですから。

 パソコン関連でも私は痛感しました。簡単に見える事が色々な方の大変な努力の結晶なのだと思います。今もアクセス解析画面とカウンターには乖離が見られます。もし仮に私の旧ブログにアクセスした瞬間に登録情報を書き換えられるという犯罪行為が行われているのなら、リンクを切っても意味は無いのかも知れませんね。

 そうなると…以前のブログの削除しか方法が無いのですが…。少し勿体ないですよね。単なる私の妄想で有れば良いのですが…。

« 再開します | トップページ | 知らなかった事、知らなければならない事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584964/54126786

この記事へのトラックバック一覧です: 普通が一番:

« 再開します | トップページ | 知らなかった事、知らなければならない事 »

アクセスカウンター

  • 本日のお客様
    オススメのコスメ
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ