« 2012年2月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年3月

2012年3月 9日 (金)

ようやく…

 まだまだ慣れていない事が多くて戸惑っています。ブログの文字の大きさ一つでさえも…。どうやら、文字サイズの呼び方はフォントサイズのように数字で表されていない限りは主観的な物のようですね。

 

 

 何とかダウンロード販売のページも作成が出来ました。以前に書いたように一部100円です。趣味の世界として過去のブログを纏めた物も500円で置いています。お間違いの無いようにお願いします。

 

 

 使用しているのはデジマーケットさんです。以下にアドレスを載せておきます。

デジマーケット  http://www.digimarket.jp/

 此処を選んだ理由は単純で100円からの販売が可能だったからです。他にも何万と登録しているという会社も有りましたが、最低価格が200円だったので見送りました。 「ダウンロード販売」と検索して頂ければ出てくると思います。

追記:デジマーケットさんはウィンドウズでのダウンロード回数が少なく危険だと警告が出て来るのでD-MARKETさんでも同じモノを置いておきました。

------------宣伝------------

 今回のレポートで書いたのは”ロシアの選挙から分かること”という視点です。世界は繋がっているという事からロシアの動きが世界の動きを決めるという意味ですよね。勿論ですが、日本の動きも連動しています。

------------宣伝-------------

 さて、折角ブログを読んで下さる方に何かをお渡ししようと考えて選んだのが次の記事です。この記事から何が分かるのでしょう?

岡田氏、消費増税で町村氏に協力要請 他の自民党幹部にも接触か

 

 岡田克也副総理が自民党最大派閥の町村派を率いる町村信孝元官房長官と2日に会談し、消費税増税を柱とした社会保障と税の一体改革に対する政府の考え方を説明、関連法案成立に向けて協力を要請していたことが3日、分かった。

  岡田氏は2日午前、議員会館の町村氏の事務所を訪ね、関連法案への協力を要請した。これに対し町村氏は「一体改革に値しない。自民党内の見方は厳しい」と指摘。その上で「マニフェスト(政権公約)を出し直して国民の信を問うことが先だ。その上でなら、協力することもある」と衆院の早期解散・総選挙を求める自民党の立場を強調したという。 

 町村氏はこの後、党本部で谷垣禎一総裁と会い、岡田氏との会談内容を報告した。岡田氏は町村氏以外にも税調メンバーら自民党幹部や派閥領袖にも接触し、増税関連法案への協力を求めているとみられる。

  2月25日に野田佳彦首相と谷垣氏が極秘に会談した際も、「話し合い解散」を視野に入れた関連法案成立への協力について協議したとみられ、今後政府と自民党との接触が拡大する可能性もある。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120303/stt12030311560005-n1.htm

 この記事に依れば「町村氏はこの後、党本部で谷垣禎一総裁と会い、岡田氏との会談内容を報告」と書かれています。つまり、情報を自民党全体で共有している事を意味しています。

 これは、”自民党が結束している”という事を表していますよね。自分勝手に他党の人間と会談をして情報を独り占めするならマスコミ出演や選挙演説の時に有利になると思われますが、政党としての統一見解を出せない欠陥が出てしまいます。

 民主党議員が大臣クラスであっても好き勝手な事を述べて情報が錯綜している事と対照的ですよね。本来は政党の存在意義とは情報を共有し共通の目的を達成する事ですからね。最近では特に顕著なのが”小沢氏と民主党執行部との対立”ですね。

自民探る「話し合い解散」 増税賛成し小沢氏排除迫る

 自民党の谷垣禎一総裁が「話し合い解散」を模索し始めた。野田佳彦首相との極秘会談に加え、党首脳も頻繁に接触。消費増税法案の成立に協力する代わりに衆院解散の確約を得るためだが、首相の出方は読み切れない。失敗すれば「谷垣降ろし」になりかねない

 話し合い解散に向けて極秘会談のお膳立てをしたのは、自民党の大島理森副総裁と藤村修官房長官だった。

 「野田総理は通常国会冒頭で解散するしかない」。関係者によると、大島氏は昨年末、藤村氏と直接会い、こう提案した。消費増税に反対する小沢一郎元代表の圧力で、首相が早晩行き詰まると想定。裁判で身動きがとれない小沢氏に余裕を持たせず、早期解散に持ち込む思惑があった。

http://www.asahi.com/politics/update/0306/TKY201203050756.html

 このように記事が出ていました。マスコミは相変わらずで、「失敗すれば「谷垣降ろし」になりかねない」と監督のネガティブキャンペーンを忘れずに行っていますが、注目すべきは「党首脳も頻繁に接触」の部分だろうと私は考えます。

 ここから何が考えられますか?自民党が解散総選挙を目指している事は誰にでも分かりますが、その自民党と”頻繁に接触”する民主党は何を考えていると思われますか?

 どう考えても民主党としても野田内閣が”早晩行き詰まると想定”していると考えられますよね。予算は衆議院を通って参議院に送られました。つまり、参議院の予算委員会で予算関連法案が通らない事や民主党の閣僚によるスキャンダルが暴かれる事によって国会の審議が進まない事が考えられますよね。

 国会審議が進まないのはマスコミを使って「自民党が審議拒否をしている」とでも流せば事足りますが、スキャンダルが暴かれてしまえば次の選挙で相当に不利な戦いを強いられますよね。

 もし仮にブログを読んで下さっている方が民主党のベテラン議員であると仮定したなら、任期満了まで粘りますか?それとも早期の解散を考えますか?

 悩みますよね。

衆院解散に備え組織強化/民主県連大会

 民主党県連は4日、2012年度の定期大会を佐賀市内で開いた。消費税増税など「社会保障と税の一体改革」を打ち出した野田政権を取り巻く環境が厳しさを増すなか、衆議院の解散・総選挙や来夏の参院選に向け、組織強化を図ることなどを確認した。
 大会の冒頭、県連代表の原口一博・元総務相が「私たちがやらなくて誰がやるのか、と言いたい。民主党は足の引っ張り合いをしている時ではない」と、結束を求めた。副代表の大串博志内閣府政務官も「衆参議員の任期満了まで1年半を切った。常在戦場だ」と呼びかけた。
 この日は「衆議院解散・総選挙がいつ実施されてもおかしくない政治情勢を共有し、原口、大串両衆議院議員の必勝を期す」とする大会アピールを採択。

 また、樽床氏は「解散を考えるのではなく、来夏までに日本政治をいかに軌道に乗せるかに全力を尽くすのが我々の仕事」と述べ、早期の衆院解散・総選挙には否定的な考えを示した

http://mytown.asahi.com/saga/news.php?k_id=42000001203040002

 こういった記事も出てきています。誰でも自分自身の選挙の事を考え始める情勢ですよね。但し、民主党に逆転の芽が有るとは思えないのも事実です。そうなると、自民党に対するネガティブキャンペーンを加速して世論を何とか反自民に持って行く事、そして”看板の付け替え”を考えますよね。

 看板とは言うまでもなく政党名です。昔の社会党から民主党に代わったように次に考えているのが維新でしょう。そう言えば”外国人献金を認めた前原氏”も橋下氏(維新)と会っていますよね。

前原氏、堺屋氏と会談 大阪都実現前向き

 民主党の前原誠司政調会長は7日、橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」のブレーン、堺屋太一元経済企画庁長官と国会内で会談し、橋下氏の掲げる「大阪都」構想実現に向けた協力に前向きな姿勢を示した。

 堺屋氏は大阪維新の会による事実上の次期衆院選挙公約「維新八策」を説明。参院廃止など憲法改正を伴う政策について「誤解されているが、思想的なものだ。実現を早急に目指しているわけではない」と理解を求めた。

 民主党は、地方自治体側の提案で自治制度を変更できるようにする法案を今国会に議員立法で提出する方針。(共同)

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20120307-913949.html

 小沢派が維新と組むのか、それとも反小沢派が維新と組むのかはまだ分かりませんが、政治家としての実績が何も無い橋下氏を看板にしようとする民主党に勝機が有るとは思えません。

2012年3月 5日 (月)

知らなかった事、知らなければならない事

 色々と私には信じられない事が起きています。FC2ブログのアクセス解析画面を見ると、同一IPアドレスの方が秒単位で何十回もアクセスして下さっていると出ています。確かに同一人物(パソコン)の方が幾つかのページを読むという事は考えられますが、秒単位で何十回もというのは、私には信じられないのです。(しかもアクセスカウンターが作動している形跡が見あたらない)

 私は、以前のブログに関して不正なアクセス操作を疑ったのでブログを移りました。それでも続いているなら、民事でも戦えるようにと有料でダウンロード販売をしようと決めました。金銭が絡んでいるなら手出しもしないだろうと考えたからです。

 色々とネット上で調べた結果、自分で設定できる最低金額が100円だという事でしたので、私も最低金額に設定しようと思います。手数料等は、どうなっているのかは調べてみなければなりませんね。

 仮に、私のブログを経由して不正なアクセスにより損害を被ったなら今回から容赦なく訴訟を行う予定です。ただ、折角ブログをお読み下さっている方々に迷惑が掛からないように自分に出来る事をしなければなりません。そこで、順次データの移管をします。

 お陰で、新しいブログを書いている時間的余裕が無くなっていますよね。元々は商売が目的ではなかったので、それは良いのですが…毎日のようには書けないというのは変わりません。より一層、書くのが遅くなりそうですが…。なるべく週に1件以上は書きたいと思っています。理想は週に2~3件といったところでしょうか…。

 さて、折角のお越しに何もお渡しできないというのも心苦しいですから今回も何か話題を選んでみようかと思います。今回選んだのは次の記事です。

リコール:大都市の署名数を緩和 今国会に法案提出

 政府は、地方議会や首長の解散・解職請求(リコール)に必要な署名数について、有権者80万人超の部分を6分の1以上から8分の1以上に緩和する地方自治法改正案をまとめた。「大都市でのリコールが困難」との批判を受けたもので、9日にも閣議決定し、今国会に提出する。

 現在の必要署名数は、有権者40万人以下の自治体で3分の1▽40万人超の自治体は、「40万人の3分の1」と、「40万人を超える人数の6分の1」との合計。改正案は、有権者80万人を超える人数について、8分の1に引き下げる。

 総務省は当初、有権者16万人までは3分の1▽16万人超から40万人までは6分の1▽40万人超は10分の1--とする改正案を検討していた。

 しかし、全国知事会など地方6団体が「リコール乱発で、行政が不安定になる」と反発したこともあり、緩和幅を圧縮した。

 改正案が成立、施行されれば、大阪市の必要署名数は約42万人から約36万人に減る。橋下徹市長は、大阪府と市を一体化する「大阪都構想」など主要政策について市議会の協力を得られない場合、リコールを検討する方針。今回の緩和が、市長と市議会の関係に影響を及ぼす可能性もある。【大場伸也】

毎日新聞 2012年3月4日 10時45分

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120304k0000e040117000c.html

 これは、大きな出来事ですよね。以前に私は聖者の行進というエントリーを書いた時に述べましたよね。「どのような物事にもタイミングが有ります」と。今回の決定は橋下氏に対しての切り札が使い易くなる事をも意味していますよね。

 恐らくは橋下氏や彼を応援している勢力にとっては「リコールは相手に使う物」だと考えているのでしょうが、「大阪市の必要署名数は約42万人から約36万人に減る」と記事にありますが、今後の世論次第では橋下氏のリコールも近いのかも知れませんね。

 確かに記事にも「リコール乱発で、行政が不安定になる」と書かれていますが、今の大阪市には住民基本条例が無いので外国人に投票資格は有りません。つまり、橋下氏を応援している外国勢力に投票権を行使する事は出来ないのです。これは大きいですよね。しかし、焦って直ぐにというのは私は賛成しません。何度も言いますが、物事にはタイミングが有るのです。

 じっくりと隠されている情報を暴き、世論を味方に付けなければなりません。特に私達の生活に密着している物事に関しての情報を広く知って貰う事が重要ですよね。

1.税金の使い方

2.外国人参政権

3.電気などのインフラ

 色々と知っておかなければならない情報が有りますよね。特に私が心配しているのは未だに橋下氏の事を信じているお目出度い方です。「橋下氏は大阪府を黒字にした」と信じて疑いませんからね。

 しかし、実態は以前にも書いたように財政赤字を膨らませ財政を悪化させただけです。この橋下氏の手法は夕張市が破綻した状況と全く同じです。表面上は黒字転換していた夕張市はどうなりましたか?自分自身で調べなければなりません。マスコミや声の大きな方の主張だけを鵜呑みにしてはならないのです。

 外国人参政権に関しては私達には嬉しい記事が出ていましたよね。

外国人投票 見送り

◆総務委、陳情不採択

 

 鳥取市庁舎の移転新築をめぐる住民投票に対し、市議会の総務企画委員会(高見則夫委員長、9人)は29日、継続審査中だった在日外国人への投票権付与を求める陳情を、賛成3人の少数で不採択にした市庁舎のあり方について在日外国人が投票で意思を示す機会は見送られた。

 

 陳情は昨年12月議会に提出され、継続審査となっていた。この日の委員会では、「外国人の市民としての思いは賛同できる。(住民投票条例案を協議している)検討会も、やろうと思えばできる時間がある」と賛成する意見が出た。さらに、「検討会では外国人の議論が不十分だった」と苦言を呈する委員もいた。

 

 一方で、反対する委員らは「議論を始めると外国人だけの話では収まらない」「時間的制約の中で、庁舎整備が遅れてはいけない」などと述べ、市自治基本条例を見直す中で議論するよう求めた。

 陳情を提出した在日本大韓民国民団県地方本部の薛幸夫(ソル・ヘン・ブ)団長は「住民とは誰のことか、を問いかける動きに答えなかった市議会には遺憾の念を禁じ得ない。時間的な理由も、5月の投票実施なら集中審議すれば不可能ではない」と批判した。(中田和宏)

http://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000001203010001

 こういった記事も出ています。少しずつですが、風向きが変わって来ていますよね。諦めてしまえば、そこでお仕舞いです。諦めの悪さに関しては特定の半島勢力の方を見習うべきなのかも知れませんね。

 彼ら特定勢力は本国の政治状況も変わり、世界情勢も変わりつつある今の状況から何とか生き残りを掛けて日本に寄生する道を探っているのでしょう。しかし、時間的には、もうアウトです。心配なのは何と言ってもヤケクソのテロや犯罪行為ですよね。私達は気をつけなければならないのです。

 そして、電気代に関しても色々と情報が入っていますよね。

ガソリン店頭価格、5ヶ月ぶり高値 イラン情勢影響

 ガソリンの店頭価格が上昇している。石油情報センターが29日に発表した全国平均は1リットル145.5円と5ヶ月ぶりの高値になった。東京都心には150円台で販売する店も出ている。イラン情勢の緊迫で原油価格が高騰。JX日鉱日石エネルギーなど石油元売りが相次いで卸価格を引き上げているためだ。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E0EBE29E888DE0EBE2E0E0E2E3E08698E2E2E2E2;at=DGXZZO0195576008122009000000

 情報は自分自身で探さなければならないのです。本当に原発を止めて私達の生活が成り立ちますか?企業が生産を増やせないという事は雇用がどうなるかも考えなければなりませんよね。また、病院や福祉施設で停電が有れば何が起きたのかも忘れてはなりませんよね。

 声の大きな方、パフォーマンスの上手な方に私達は目を奪われがちですが、本当に大切な仕事をされているのは地味で目立たない方です。それは私達が日々の生活で一番知っている事なのです。

2012年3月 3日 (土)

普通が一番

 長らくお待たせして、申し訳有りませんでした。知識ゼロからホームページやらPDFやらと、この数日で詰め込み何とか自分なりに仕上げてみました。ただ、本当にお金を頂いても良いのかと今でも葛藤しています。

 そこで、先ずはサンプルとしてブログをお読み下さる方に見て頂こうと思いました。

 毎日新聞をウォッチしよう(リンクになっています)

 内容としてはギリシャ関連に関して、日本国内では橋下氏の維新関連を書いています。そして、個別の事案として取り上げたのがエルピーダの破綻です。それぞれに何が考えられるのかを自分なりに一般常識を基にして考えてみました。

 スタイルとしては今後も同じようになると思います。ただ折角、ブログをお読み下さる方が居られるのですから、ご購入頂けない方にも”何か”をお渡しできればと考えています。そこで、今回は次の記事を選んでみました。

極秘会談、批判浴びる谷垣氏=総裁選前倒し論も-自民

 自民党の谷垣禎一総裁が野田佳彦首相との極秘会談に臨んだ背景には、消費税率引き上げに対する首相の決意を見極めるとともに、早期の衆院解散・総選挙の可能性を探る狙いがあったとみられる。しかし、消費増税関連法案の提出前の与野党協議を「密室談合」と批判してきただけに、党内では谷垣氏への反発が出ており、求心力が一段と弱まりかねない情勢だ。
 「会っていない」。谷垣氏は1日の記者会見で重ねて極秘会談を否定。記者が食い下がると「私にもプライバシーがある。全部しゃべるつもりは毛頭ない」と声を荒らげた。
 
首相と谷垣氏は、消費増税推進という点では一致。このため、谷垣氏は衆院解散・総選挙後であれば増税に協力する姿勢を示してきた。しかし、早期の解散に追い込む見通しは立たず、谷垣氏には手詰まり感もあったようだ。
 極秘会談で谷垣氏は、増税法案に野党が協力するのと引き換えの「話し合い解散」に対する首相の思いや、消費増税反対を明言する
小沢一郎元代表を排除してでも増税を進める決意が首相にあるのかなどを探ったとみられる。
 早期解散となれば、国政進出を目指す「大阪維新の会」や、石原慎太郎東京都知事を党首とする新党構想の機先を制する形にもなり得る。話し合い解散については、
森喜朗元首相らがかねて主張。党内には支持が広がり始めており、谷垣氏も否定はしていなかった。
 ただ、会談が表面化したことで、
谷垣氏の立場は危うくなった。密室談合だとして与野党協議を拒んできた自らの発言と矛盾するからだ。
 1日の自民党代議士会では、中堅の
河井克行氏が、谷垣氏に「ガチンコの党首討論の直前に総大将同士が裏で会って、どういう話があったのか」とかみついた。中堅・若手約20人による2月29日の会合では「早く総裁を代えるしかない」と、秋の総裁選の前倒し論が相次ぎ、派閥領袖(りょうしゅう)の一人も「谷垣降ろしにつながるかもしれない」と指摘している。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2012030101027

 この記事から何が考えられますか?昔、言語明瞭意味不明という言葉が有りましたよね。監督の主張は昔から変わっていません。「密室談合はしない。早期の解散に追い込む。」何所が監督の主張と矛盾しているのでしょうか?

 

 相手の出方を探るのは戦略の基本中の基本です。本来なら”中堅・若手約20人”が情報を集めて来るべき役目を担っている筈ですよね。彼らは自分は何もせずに”誰か”が幸運を運んできてくれるとでも思っているのでしょうか?

 中堅だとか若手だと言われても、立派な大人です。大人の社会で文句だけを述べているのなら周りから相手にされなくなるでしょう。後は考えられるシナリオとして”敵側のスパイ”という事ですよね。

 もし、敵側スパイとして自民党に内紛を作る工作をしているのなら…立派にお勤めを果たしているとも言えますが、日本人としては許せない行為です。他人を悪く言うだけで自分の立場を強化しようとするのは…何処かの民族に似ていますよね。

 彼らが単なる馬鹿なのか敵側スパイなのかは今後の言動で明らかになるでしょう。マスコミに出て声高に自分の党を批判するのは「オレって格好良い~」と自己陶酔に浸っている精神年齢の低い子供の思考形態です。

 大人であるなら、勝つ為に何をすべきか?何を成さないべきか?を考えなければなりません。スタンドプレーは確かにマスコミ受けも良いでしょう。しかし、自民党内での立場はどうなるのかも考えた方が良いかと思います。間違いなく次の選挙では自民党が政権を奪還します。

 そのときの自民党総裁は誰だと思われますか?前回の総選挙の時(内紛で有権者に嫌われましたよね)から何も学ぶ事が出来なかった愚か者を何所の誰が重用しようと考えますか?自分自身なら、何を思うかを考えるだけで分かりますよね。

 問題はマスコミです。監督に対して決定打を打てないでいるのですから。今までの監督に代わってからの選挙は結果はどうですか?自民党は負けていますか?マスコミの世論調査とは正反対の結果が出ていますよね。

 記事の中には「党内では谷垣氏への反発が出ており、求心力が一段と弱まりかねない情勢」と出ています。誰が自民党に内紛を煽っているのでしょうね。それ(マスコミ)に乗っかって本当に所謂若手や中堅の自民党議員は今後の議員活動に支障が出ませんか?もう一度考えてみた方が良いですよね。

 そして、「首相と谷垣氏は、消費増税推進という点では一致」とも出ています。確かに嘘は書いていませんが、”自民党案ではデフレ対策をしてからという大前提”が有ります。それを敢えて報道しない自由を駆使して私達一般人をミスリードしようとしていますよね。

 本来なら自民党の若手や中堅議員こそが率先して自民党の政策をアピールしなければなりません。監督批判をする前に、するべき事が有るのだと私は考えます。考えられる全ての事を遣り遂げて、それでも解散に追い込めないとなった時に初めて若手や中堅議員は監督を批判すべきなのです。(勿論ですが、私達一般人には見えない所で…理由は分かりますよね)

 それにしても、派手なパフォーマンスを繰り広げているお馬鹿さんよりも目立たないけれど地道な活動を続けている議員さんの方が余程、貴重な存在なのですよね。派手なパフォーマンスで目立っていなくとも、必ず誰かが見ています。何事も普通が一番なのですから。

 パソコン関連でも私は痛感しました。簡単に見える事が色々な方の大変な努力の結晶なのだと思います。今もアクセス解析画面とカウンターには乖離が見られます。もし仮に私の旧ブログにアクセスした瞬間に登録情報を書き換えられるという犯罪行為が行われているのなら、リンクを切っても意味は無いのかも知れませんね。

 そうなると…以前のブログの削除しか方法が無いのですが…。少し勿体ないですよね。単なる私の妄想で有れば良いのですが…。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年7月 »

アクセスカウンター

  • 本日のお客様
    オススメのコスメ
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ