« ネガティブキャンペーン | トップページ | お久しぶりです »

2011年4月 1日 (金)

いわき市担当は横粂

2011-03-24 18:40:00

現地より

1344997.jpg 民主党災害対策本部の福島県対策室の一員になりました

各県、各市、各避難所、そして各被災者の皆さんが、具体的に今何を必要としているのか、きめ細やかに情報を収集し、必要な物資を確実にお届けできるようにすると共に、党執行部や政府に必要な対策を求めていくのが私たちの役目です。

そして現在、福島県いわき市にて活動中です。

市役所内に設置されているいわき市災害救援ボランティアセンターにて様々な情報を頂き、NPO法人やボランティアの方が活動されている物資集積所にてお手伝いをさせて頂いた後、海岸沿いの避難所を回りながら、被害の様子を見ています。

甚大な被害に、心が痛みます。

現地にて集めた様々な情報を集積し、議員として党として国会としてできることを、全力で行ってまいります。

よこくめ勝仁

http://am6.jp/fvY0GA

福島県全域の担当なのか、いわき市の担当なのかは判然としませんが、横粂が物資集積所で担当する与党民主党の国会議員である事は”福島県対策室の一員になりました”という記述から確かなようです。

動画に依れば、3月30日では物資は止められたままでした。

では、横粂は何をしていたのでしょう?

2011-03-30 21:01:36

カット♪カット♪カット♪

1344987.jpg 1344989.jpg 1345008.jpg

【プリン】の身体の毛が伸びてきたので、 よこくめ店長が自らカットしてくれました(^.^)


まるで美容室でトリミングしたような仕上がりの出来栄え!!

さすが自分の髪をすきバサミで手直ししてるだけのことはあります。

【プリン】可愛くなってよかったね!!

ビフォー、アフターは後ほど...(^O^)

http://ameblo.jp/wan-nya-ful/entry-10846202603.html

これが、3月30日の横粂が出てくるブログです。

ちなみに横粂(民主党)は、現地に入る迄何をしていたのかは次のブログから分かりますよね。

2011-03-18 12:59:05

災害ボランティア準備室

連日、党の災害ボランティア準備室にて会議を重ねています

一日でも早く現地に入り、困っている方々を直接助けたいという想いを抑え、国会議員として真に役に立てる道を探っています

私たちボランティア準備室の役割は、全国のみならず世界中から送られてくる物資をいかに仕分け、各避難所のニーズをいかに把握し、物資をいかに届けるのか、そして、それらに携わるNPO法人や個人ボランティアの方々と政府をいかに結びつけるのかを描き、実現することです

今からまた会議です

よこくめ勝仁

http://am6.jp/fvY0GA

段々と辻元と止まっている物資の関係に近付いて来ているように思います。

ちなみに、横粂が”会議”と称して何もしていない時に同じ新人議員の小泉氏が何をしていたのかもブログを貼り付けておきます。

2011-03-18 22:26:12

地元で被災者の方々とお会いしました。

こんばんは。小泉進次郎です。

今日の夕方、急遽地元の三﨑港に戻って被災県から寄港している海洋高校の実習船に乗る皆さんにお会いしてきました。

福島から「福島丸」。宮城から「宮城丸」。青森から「青森丸」です。

まだ19歳の実習生の中には家族と連絡が取れない生徒もいます。そんな状況なのに「一緒に写メ撮っていいですか」と笑顔で話してくれました。

船長さんは家を流されたのに、現状を丁寧に説明してくれました。

そして、何も出来ない私に「来てくれてありがとう。生徒達も元気が出ます」と。


目の前に支援出来る相手がいる。目の前のことを一生懸命やろう。改めてそう思いました。元気づけてあげなきゃいけないのに、逆に元気をもらいました。

今夜10時、「福島丸」は、毛布やペットボトル入りの水などの救援物資を積んだ神奈川県立海洋科学高校の実習船「湘南丸」の先導として福島の小名浜に向けて出発しました

待ってる人たちがいます。無事に小名浜につきますように。

頑張ろう!

http://ameblo.jp/koizumi-shinjiro/day-20110318.html

これでも自民党批判をしているドブネズミが居ますよね。どうしても、私には日本人だと思えないのです。利権だ何だと屁理屈を述べていますが、実際問題として民主党ではヒトが死んでいくのです

命が助かって初めて利権だとか何だとかを言えるのだと分からないのでしょうね。

被災地から遠く離れた場所で吠えているドブネズミにとっては日本人の命よりもお金なのでしょう。

日本人を殺している民主党を擁護するのはドブネズミだけです。そして擁護する為には平気で嘘を吐きます。

日本人と言うよりも人間を辞めたのかと考えてしまいます。そう言えば、人間になれないヒト擬きが日本には居ましたよね。何十万匹も…。

少し脱線してしまいましたが、横粂がブログ上で”ボランティア準備室の役割”として述べている事が”仕分け”や”物資をいかに届けるのか”という事です。

さらに”NPO法人や個人ボランティアの方々と政府をいかに結びつけるのかを描き、実現することです”と書かれていますね。

つまり、集まった物資集積所の山のような配られない物資は民主党のボランティア準備室の責任という事になります。

他にも外国からの支援物資に関して不可解な行動が有りましたよね。直近では中国からのガソリンも有りました。

中国提供のガソリンはなぜか西日本へ=理解できない民主党の援助受け入れ方法―中国大使

2011年3月29日、程永華(チェン・ヨンホワ)駐日本中国大使は記者会見を開き、日本の援助受け入れ方式には問題があると指摘した。31日、人民網が伝えた。

また、中国はガソリン1万トン、ディーゼル油1万トンを無償供与したが、中国のタンカーは愛媛県と広島県で荷を下ろすように要求された。「なぜ被災地から遠く離れた両県が指定されたのか。理解できない」と程大使は不満をもらした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110401-00000006-rcdc-cn

これも横粂のブログの言葉を信じるなら、ボランティア準備室(民主党)がやっている事です。

そして、横粂のブログに有るNPO法人とは言うまでも無くピースボート等ですよね。

この週末にボランティア活動参加を考えているみなさまへ

東北地方太平洋沖地震から2週間が経ちました。
すでにお知らせしているように、東北自動車の車両規制が全面解除され、一般車両でも緊急通行車両標章なしで高速道路通行ができるようになりました。この週末に被災現地に赴いて、ボランティア活動に参加しようというご希望の方もおられるのではないかと思います。

内閣官房震災ボランティア連携室
室長 湯浅 誠

http://www.tasukeaijapan.jp/message/index02.html

此処に”内閣官房震災ボランティア連携室  室長 湯浅 誠”と出てきますね。

どうやら、民主党政府が絡んでいる事は確かなようです。

蓮舫氏を節電担当相、辻元氏をボランティア担当首相補佐官に

 枝野幸男官房長官は13日午後の記者会見で、蓮舫行政刷新担当相を節電啓発担当相に、辻元清美衆院議員を災害ボランティア担当の首相補佐官に任命すると発表した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110313/plc11031317120014-n1.htm

少しずつ近付いて来ましたよね。まだ、故意に止めているのか無能だから止まっているのかは判断できませんが、確実に辻元や民主党が物資を止めている事だけは確かなようです。

後は命令書や会社に送ったとされるファックス等の現物が出てくれば完璧です。

日本人を現在進行形で殺そうとしている民主党やそのシンパは決して許してはなりません。

何が何でも民主党議員を追い出さなければなりません。

前回(2007)の候補者統一地方選

http://go2senkyo.com/special/2007toitsu/list.html

前回の統一地方選での候補者名簿を活用して下さい。

« ネガティブキャンペーン | トップページ | お久しぶりです »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584964/59039603

この記事へのトラックバック一覧です: いわき市担当は横粂:

« ネガティブキャンペーン | トップページ | お久しぶりです »

アクセスカウンター

  • 本日のお客様
    オススメのコスメ
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ